塗装工事・屋根工事

塗装工事PAINTING WORK

外壁塗装

外壁塗装は美観を保つため必要なものですが、それだけではなく、外壁材を紫外線、風雨、温度変化などから守り、
長持ちさせるという働きがあります。
塗装の劣化を放置すると外壁材にダメージを与えてしまい、
住まいそのものの寿命まで縮めてしまいかねませんので、
定期的に点検を行ない、タイミングを見てリフォームを行なうことをエイショウはオススメいたします。

屋根塗装

屋根は住まいのなかでも紫外線や風雨、
温度変化など影響を最も受けやすい場所で、
屋根塗装の劣化を放置すると、屋根材にダメージが及んでしまい、
雨漏りトラブルの原因ともなりえますので注意が必要です。
定期的に塗り替えを行なうことでそのようなリスクを軽減させる
ことができますので、点検、塗り替えはエイショウにお任せください。

塗り替えのタイミング ~外壁のチェックポイント~

ひび割れ・亀裂イメージ
ひび割れる・亀裂が入る
塗装の劣化を放置すると、ひび割れや亀裂などが発生しはじめます。特に、モルタル外壁はその傾向が顕著で、ひび割れから雨水などが浸入し、補修工事に費用が掛かってしまうことがりますので注意してください。
チョーキング現象イメージ
チョーキング現象が起きる
外壁に触れた際に白い粉のようなものが付着することをチョーキング現象と呼びます。塗膜が紫外線などを影響を受けることで発生する現象で、この段階になったら塗り替えのことを考える時期となります。
カビ・藻イメージ
カビや藻が発生する
カビや藻が発生しているという場合は、防水効果を失っているとう証拠です。
外壁を剥がすとカビだらけということもありますので、カビや藻かな?と思ったら一度専門家に見てもらうことをオススメします。
色褪せ・退色イメージ
色褪せる・退色する
塗装の劣化の初期に起こる現象で、塗り替えたばかりの頃の色合いを失い色褪せや退色が発生します。
慌てて塗り替える必要はありませんが、景観を気にして塗り替えを行なうお客様もいらっしゃいます。

塗り替えのタイミング ~屋根のチェックポイント~

色褪せ・チョーキング現象イメージ
色褪せる・チョーキング現象が起きる
屋根塗装が色褪せていきたり、触れた際に白い粉のようなものが付着するようなら劣化が進行している証拠です。待っていても回復することはありませんので、前向きに塗り替えを検討してみてください。
塗膜が剥がれるイメージ
塗膜が剥がれる
塗装劣化の最終段階ともなると、塗膜が剥がれ下地がむき出しになってしまいます。
この段階にまでなると、塗装の持つ保護効果は期待できませんので、建材や住まいそのものにダメージを与えてしまします。

塗料の耐用年数

塗料の耐用年数グラフ

塗料の特徴

アクリルイメージ
アクリル
耐久年数うは6年~8年と短いですが、安いことがメリットです。
住宅用というよりも、物置やガレージといった場所に最適な塗料です。
ウレタンイメージ
ウレタン
7~10年ほどの耐久年数を持つウレタン塗料は、柔らかく密着性が高いことから細やかな部分の塗装に適した塗料です。
シリコンイメージ
シリコン
12年~15年ほどの耐久年数を持つシリコン塗料はウレタン塗料とそう変わらない値段で高いコストパフォーマンスを発揮する塗料です。
光触媒イメージ
光触媒
耐用の光で汚れを浮かび上がらせ、雨水によって洗い流すという自洗効果を持たせることのできる次世代塗料です。
遮熱イメージ
遮熱
塗るだけで遮熱効果を発揮し、室内温度を一定に保つ働きを持った塗料で、1年を通して快適な室内環境を維持できるようになる塗料です。

塗装業者の選び方ポイント

営業マンを見極める
営業マンの仕事は契約を取ってくることですので、早く契約をするよう急かしてきますが、しっかりとメリットやデメリットを説明してくれて、ゆっくりと相談に乗ってくれるような営業マンを見極めましょう。
会社を確認する
営業は別の会社で実際に施工を行なうのはまったく別の塗装会社ということもありえます。しっかりと施工する会社のことを聞き、営業がどの会社に所属しているのかを聞き出しましょう。
自社施工している
自社施工によるメリットは契約から施工まで一貫して同じ会社が担当するということ。複数の業者が絡む現場では不備があった際に責任の所在が曖昧となりますが、一貫施工であるならそのようなトラブルを防ぐことができます。
契約書類をもらう
塗り替え工事で多いのが、口約束の契約で施工後に高額な費用を請求されることです。そのようなことがないように、しっかりと書面にて契約書を交わしておきましょう。
サービスを見分ける
安さばかりを謳う業者には要注意です。塗装料金は一定以上は下げることができませんので、それよりも安いとどこかで帳尻を合わせていることが多いので注意してください。
下地処理を行っている
いくら高価な塗料を使って塗り替えを行なっても、下地処理をしっかりと行なわなければ長持ちはしません。下地処理に力をいれている塗装業者を選ぶことで、長持ちする塗装が実現します。

屋根工事ROOF WORK

カバー工法

屋根の塗り替えなどで耐久年数を延ばすことはできますが、
いつかは耐え切れなくなり、屋根工事を行なう必要が出てきます。
その際にオススメしたいのが、既存の屋根の上から
覆い被せるにして新たな屋根を取り付けるカバー工法です。
諏訪市のアイトはこのカバー工法に対応しており、
自身を持ってオススメしております。

カバー工法のメリット

経済的
一般的な屋根工事は既存の屋根を剥がしますが、
カバ―工法では屋根を撤去しなくても済むため、
撤去にかかる工数や人件費、廃棄のための費用などが
発生せず、経済的です。
断熱性・遮音性が上がる
カバー工法は一言でいうと屋根が2重になります。
そのため、遮熱効果や遮音効果が高まることにより、
リフォーム後の方が快適になるケースが多いのも
カバー工法のメリットです。
環境に優しい
既存の屋根を廃棄しないため、ゴミを発生させません。
なかでも、古い屋根材の場合は人体に有害なアスベストが含まれていることがありますが、カバー工法で閉じ込めることによりアスベスト対策にも繋がります。
お家の負担がにならない
カバー工法で気になることが、重量の増加ですが、
エイショウが施工する屋根材は軽量であるためお家の負担にはなりません。もし心配であるなら、耐震強度チェックなども承っていおります。

葺き替え工事

屋根材をすべて剥がし、新たな屋根材を施工する
葺き替え工事にもエイショウは対応しておりますので、
お気軽にお問い合わせください。
さまざまな屋根材を取り揃え、お客様のお住まいにピッタリと合う
最適な屋根を責任を持って施工させていただきます。

葺き替え工事のメリット

延命できる
屋根塗装が色褪せていきたり、触れた際に白い粉のようなものが付着するようなら劣化が進行している証拠です。待っていても回復することはありませんので、前向きに塗り替えを検討してみてください。
外観が美しくなる
カバー工法ではできない、さまざまな種類の屋根材を使用することができますので、選択肢の幅が広がります。髪の毛の色を変えれば雰囲気がガラッと変わるように、屋根を変えるだけで住まいのイメージも大きく変わります。
耐震性が高まる
瓦屋根からスレートなどへの屋根材へと葺き替えることにより、住まいそのものの重量を減らすことができます。軽量であるほど耐震性は高まりますので、地震が不安な方は一度検討してみてください。

お問い合わせ